So-net無料ブログ作成
検索選択

ダ・ヴィンチ展に行ってきました ★ [笑ったり遊んだり]

展覧会巡りが、続いています。
球体凧の紙工作
※画像は合成写真です。

仕事で六本木ヒルズに寄ったので、ついでにレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行ってきました。『直筆ノート「レスター手稿」日本初公開!』が売り文句の、この展覧会。かなりマニアックな内容です。万人にお薦めできる……、というものではありませんが、展覧会めぐりが趣味の方は、おさえておいたほうが良いでしょう。これを見ておいたことは、何年か経ったら、自慢できるような気がします。

レスター手稿とは、現存するダ・ヴィンチ直筆のノートのひとつです。1994年にマイクロソフト社のビル・ゲイツさんが購入して、世界中で話題になったモノ(だそう)です。鳥の紋章などのすかしの入った、当時の高級紙に、特徴的な鏡文字(左右反転して書かれた文字)で、びっしりとさまざまな事項についての考察が書かれています。また、細かな手描きの図版(解説図)も、余白に描かれています。湧きでるアイデアを、ひたすら書き留めたメモ帳、といったところでしょうか。

紙とインクの保護のため、展示スペースは真っ暗。足元の段差も見えないくらい。二つ折り18枚(全72ページ)の紙が、裏も表も見えるように、ガラスケースでパウチされて、石碑か墓地かモノリスか……、といったおもむきで、点々と屹立しています。明かりをつける時間を制限するため、一枚の紙を一定の時間、ライトが照らし、それが消えて溶暗し、次に別の展示台が点灯する……、という、ホタル園に来たような、まるで展示スペースそのものが最先端の現代アートのような、とても面白い雰囲気でした。……あちこち歩き回って、ぐったり疲れましたけどね。

ダ・ヴィンチが左利きだったということは、よく知られています。両利きだった、という説もあるそうですが、それにしても、どうしてわざわざ鏡文字を使って文字を書いたのか。この謎については、諸説あるようです。「先進的な内容を記載する際に、秘密を保持するため」……、なーんて説は、ボクはナンセンスだと思っていました。まったく読めないわけじゃないもんね。しかしながら今回、直筆文字を見て、その細かさに目が疲れてしまい、とても読みづらかった/見づらかったので、「読まれたくなかった説」は、あながち間違いではないのかも。

……でもまぁ、おそらく、「単に、鏡文字の方が書きやすかったから」というのが、理由だと思うのです。その証拠に(……というほど、大げさなものではありませんが)、イラストの陰影部分=斜線が平行して引かれているところは、常に左上から右下に線が引かれているのです。右手でこの方向に平行線を引くのは、とてもたいへん。頭の回転も早く、おそらくは記述も猛スピードでこなしていたであろうダ・ヴィンチですから、イラストの斜線は、左手でさっさっと描き、鏡文字もさっさっと書いていたのでしょう。実物を見て、発見したことのひとつでした。

ちなみに、漫画表現の「雨」や「流線」。斜線が、どちらの方向から引かれているかを見るだけで、その漫画家さんの利き腕が(または、その漫画家さんのアシスタントさんの利き腕が)判ります。……いや、たいていの漫画家さんは、きちんと紙を回転させて、雨や流線を引っぱっているとは思いますけれど。閑話休題。


時間があったから、ふらっと立ち寄っただけで、べつに紙工作のネタを探しに行ったわけではないのですが、やはりなにかインスピレーションを得たいもの。メイン展示の「レスター手稿」も、たしかに見ごたえがあるのですが、『かみおう』的には、どう料理したものだか、ちょっとわからない。昔の紙がきちんと残って情報を伝えている、ということに感激して、レスター手稿に賛辞を贈ったところで、オチがつかないよなぁ……。

そんなことを考えながら、その他の展示を見ていると、面白いものがあったので、これを紙で作ることにしました。

飛翔機械=球体凧の模型 球体凧の紙工作
※『飛翔機械=球体凧』模型(レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館蔵)と紙工作の球体凧【写真右】
※左の画像は、森美術館から。

球体凧は、「レスター手稿」に描かれているものではありません。ダ・ヴィンチの直筆ノートは、膨大な量が現存するそうです。そのうちの一頁に、描かれていたものらしいです。展示会場には、巨大な模型が吊るされていたのですが、説明文もほとんどなくて、ちっとも目立っていませんでした。レスター手稿だけでは、展示会の「間[ま]」がもたないと考えて、とりあえずつけ加えた展示、といったところでしょうか。

ダ・ヴィンチと言えば、「ヘリコプター」や「パラシュート」や「羽ばたくための仕組み(翼型)」などのスケッチは、とても有名です。でも、この「球体凧」は、あまり知られていないんじゃないかな? 現在に至るまで、類似した飛行体が実用化されていないために、ダ・ヴィンチの先見性を賛美する資料になりえず、あまり取りあげられることがなかったのではないか……、と。

説得力がありそうで、なさそうな、かなり微妙な形です。本当に飛ぶのか。どうやって浮くのか。どっちに進むのか。四方八方から風の抵抗を受けて、とんでもないことになりそうですよね。「搭乗者は、常に垂直の状態を保つことができる」とかなんとか、コメントが附されていたようですが、その根拠がよくわかりません。地球ごまみたいなものかな。映画コンタクト』の宇宙船(タイムマシン?)みたいに、ぐるぐる回るのかな?


球体凧の紙工作(型紙)です。コピー用紙など、薄手の紙に印刷して作ったほうが良いようです。
◆紙工作の球体凧(約330kb)
※PDFファイルの紙工作型紙(無料)です。転用・転売・直リンクなどはご遠慮ください。

同じ形を、8枚。ひたすら切り抜いて、飽きもせずに折りたたんで、バランスを考えながら、てきとうに貼りあわせる。それだけで、できあがり。いちおう、翼の表と裏で、骨の有無を描き変えてあるのですが、できあがったらぜんぜん見分けがつかないので、無視してかまいません。

いうまでもないことですが、精密モデルではありません。いつものように、イメージ重視/紙工作として楽しいこと重視、です。その結果、できあがったものは、単なる球状のものになりました。ボーリングのピンを紙で作れば、転がしてぶつけて遊ぶこともできるでしょう。

……あーあ。天才ダ・ヴィンチのすばらしい構想なのに、ボクにかかったら、こんなシロモノになっちゃいましたよ。


【追記】
ちなみに、森美術館で開催されていた、『杉本博司:時間の終わり』展が、とても面白かったので、こちらはいろんな人にお薦めしたいです。できれば、もう一回見に行きたいくらいなんです。笑った笑った。


※すべてのコンテンツは、個人として楽しむ以外の利用はご遠慮ください。

■blogランキング


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp

ハハ、ダ・ヴィンチ展に行ってきました ★:かみおう:So-netブログこの記事は過去にシンプルで簡単な外観も、非常に深遠な意味で書かれているが、それを味わうためにあなたが本当に深刻な場合は、それは多くの意味が含まれています。著者に感謝このような良い記事を提供していますので、私の心は再び洗礼をされて、あなたは私のことをもっと知りたい場合は、ここで確認できます:http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp or <a href="http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp">Hollister</a> or http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp and http://www.fieec.fr/hollisterx.aspx 私は私の意見が受け入れられることを願って。[url=http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp]Hollister[/url]
by http://www.fotodigitaldiscount.de/hollistersde.asp (2013-10-30 12:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。